AFLOATJAPAN/ROULAND代表西岡卓志

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

《iPadPRO》ライトルームの使い勝手が激烈にスムージー!!!

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

sponsored

いままでは基本Mac で写真取り込んだりレタッチやってたんですが、iPadproを購入。

 

実際使ってみて良かったんでシェアさせていただこうと思います。

基本画像の取り込みはSDカードから

間抜けです。

これは何ともなりません。


写真の取り込みはrawだと時間がかかりますが、Mac と比べると少し遅いぐらい。

そこまで気にならないくらいです。

Adobe アプリに対応していない機種もあるらしい!

 

rawの取り込みは出来ますが当然ながら、Lightroom及びphotoshopに対応していないraw画像は編集出来ません。

ほとんど対応してるんですけどね。

以下のリンクから確認をしていただければと思います。

実際の画面

Lightroomを起動してカメラロールを選択するとこんな感じで、raw画像はこういう表示になります。

画像をタップすると編集画面へ

ホワイトバランスと明るさを調整

ホワイトバランスとか撮る時はあんま気にせず撮っていたので青みがかかってますね。

このままだと調子悪そうに見えるので、自然な色味に補正します。

ホワイトバランスをナチュラルにすると見た目に近い印象に。

最初からあわせとけって話なんですが、面倒なので後で変えることが多いです。
三本指でタップすると補正前が表示

これはいい!

直感的に操作できます。

色温度や明るさ、色かぶりトーンカーブ、ほぼほぼデスクトップ版と使える機能は同じ。

後はカメラロールに保存して

そこからインスタに上げました。

#ベリピ で染めたカラーデザインをiPadPROのadobeで編集してみた。 これは楽かも。 #adobe#ipadpro

卓志 西岡さん(@takashi_nishioka)が投稿した写真 –

サクッといけますね。

スムーズってこういうことを言うんだと感じます。

 

カメラロール問題

Lightroomで編集した写真は、クリエイティブクラウドに保存されるのでPCからでもアクセスが簡単にできます。

スタイル写真程度なら全然これでいいすねー

しかし

iPadの写真の管理が。。


いちいちフォルダ分けするのが面倒だなと。

スタイラフペンとさささっと手で編集出来るのは、激烈に楽です。

それ故に悔やまれる写真の管理。。

他のアプリも色々試してみたいと思います。

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。