AFLOATJAPAN/ROULAND代表西岡卓志

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

今度生産性とかのセミナーをさせていただくのだけど

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

sponsored

こんにちは西岡卓志(@nishiocut)です。

 

今度、生産性とかのセミナーをするんですけど

 

なんだかこういうセミナーをすると内容も見ていないのに非難されてしまうパターンが多いきがするので、

 

ちょっと書いとこうかと、、

 

僕は毎回セミナーにおいて一番伝えようと心がけているのは、方法論ではなく考え方

 

 

結局結果っていうのは、あとからついて回ったもんだし、その方法論を伝えたところで出来ないんですよね、ぶっちゃけ。

 

 

やっと最近、言語化できるような気がしてきたからちょっと書いてみますね(^^)

 

稲盛和夫さんのおっしゃっている

 

能力×熱意×考え方

 

 

ってあるんだけど、熱意が100で能力も100で考え方が−2だと結果は−20,000になってしまう

 

逆に考え方が100で能力が2で熱意が100だと20,000になる。

 

これって、ほんとうに恐ろしいですよね(^_^;)

 

だってめっちゃ努力してるのに、考え方の方向性がまずいと無駄になってしまう。。どころがマイナスって(~_~メ)

 

じゃぁその考え方ってなんなの?

 

僕が思うに考え方っていうのは何かを生み出す方向で考えるってこと

 

例えば、人の成功している方法を一生懸命やっても結果は出ないのかなって。

 

自分の状況や、能力、環境によってやるべきことって全然違うはずなのに、おんなじことやっても意味ないのですよね。

 

仮に

求める解がXとした場合

 

X=Y(自分の能力、環境)×Z(やるべきこと)

 

ってなると、Yが人によって違うわけだから、完全にZ(やるべきこと)が違うんだと思うんですよね。

 

だから自分しか出来ない何かを生み出すしかないんです。だって自分にあうやり方なんて、誰も見つけてくれませんからね。

 

どういう思考でそう至ったのか、何でそういう風に考えたのか、

 

うんちくの披露をしてもしょうがないし、そんなの聞いていてもつまらないし、僕も話したくないんです。

 

 

ただ、こう考えたほうが、スタッフ、サロン、お客様、三者三様幸せになるように考えていくと自ずとこうなった。

 

っていう話を今度のセミナーではしようかなって

 

生産性を高め、なおかつお客様に喜ばれ、スタッフも根性論だけでなく、ちゃんと物理的可能な予約ベースでサロンワークを行っていく

 

そんな普通の、ごくごくふっつうのことを話すので、もしかしたら退屈かもしれませんが、

 

伝わるように頑張っていこうとおもいます(^^)

 

うんうん唸って、のたうち回ってあがいた先にしか答えがないのではないのかなと思う今日このごろです。

 

 

 

 

 

 

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。