AFLOATJAPAN/ROULAND代表西岡卓志

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

【カラー】染める間隔、頻度はどれくらい?

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

sponsored

カラーを染める間隔や頻度ってどれくらいがベストなんですか?とこちらもパーマ同様よく聞かれますので、記事化させて頂こうとおもいます。

↑はベリーピンクで染めたカラーリングです。

カラーリングの種類明るさによって違います。


 

 

例えば上のビフォアとアフターのカラーリングですと、

明るいので、その分根元の新しく伸びてくるところが気になりやすくなります。

毛先も明るければ、明るいほど褪色してしまいやすいので目安としては一ヶ月〜一ヶ月半位が理想的です。


基本的には根本が伸びる 色味が抜けるタイミングがカラーリングを行うのがベストです。

カラーのもちを良くするには?

普段は美容室に行けますが、出産や出張など中々サロンへいらっしゃれなくなることもありますよね?

下のビフォアとアフターは全体を暗く染め、更にローライトを全体に入れています。


真っ黒ではありませんが限りなく黒に近い雰囲気に見えるように染めています。

こうすることにより、褪色してきてもローライトが残り多少根本が伸びても気になりにくくなります。

このようなカラーリングで色味を維持することが出来ます。

出張や、出産などの時にご活用下さい。

カラーのダメージも種類によります。


写真のようなバレイヤージュや、ハイライトは明るすぎるとダメージに繋がりやすいです。

まったく傷ませずにできるというのは、この世界の法則を無視できる人だけでしょう。

こういった髪に負荷をかけるかラーでも【髪の滑らかさ、艶は明らかに良くなっている】ように感じて頂けるように施術を心がけています。

これこそ薬剤知識、毛髪科学に対する造詣が物を言う部分です。

素晴らしい仕上がりは美容師の本懐と言うところでしょう。

ダメージを最小限にとどめ、適切な薬剤、適切な施術方法を行なえば、内部的に傷んでいたとしても

手触りや、髪の表情は驚くほど美しくなっているでしょう。

 

僕が責任持ってお答えします。

 

一人一人髪の状態は違いますし、選んだ色味も違います。その人その人によってカラーリングの最適な時期は違います
白髪染めなどは特に白髪のパーセンテージやなどにもよりますが一ヶ月前後が良いですね。

このように

カラーの染める頻度、間隔は一人一人施術内容によって違います。

気軽に聞いていただければ♡

参考になれば幸いです。

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。