AFLOATJAPAN/ROULAND代表西岡卓志

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

デビューするってこと

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

sponsored

こんにちは西岡卓志です。

 

スタイリストにデビューするということは、サロンの中にいますが

 

ある種独り立ち、

 

つまり

 

お客様を自分の責任の中で担当をしていくということになります。

 

ものすごく、

 

 

も、の、す、ご、く、

 

拡大解釈をすると、社内独立みたいなもんだなぁと。

 

お客様に指名をいただき、要望や悩み、はてはご自身も気づいておられない潜在的なニーズを読み取り

お客様に提案し、実際施術を行い、喜んで頂く、

 

そして、サロン内でこの人では無くてはならないという存在になる。

 

これは、美容師という職業の良い面であり、よくも悪くも自分次第という、シビアで明瞭な世界だと思います。

 

 

デビューした時はお客様なんて自分ではほとんど呼べないものです。

今年の8月にガーデンのスタイリストの方がデビュー売上げ日本新記録が月売り上げ347万。。

 

すごいっすね。。

 

僕は60万ぐらいだったと思いますね。

 

 

Twitterでも書きましたがデビュー前とか、デビュー直後っていうのは、自分が美容師としてどうなのか値踏みされている時期でもあります。

こういう緊張感は、忘れてはいけないなと思います。
売上げだけが全てではありませんが、お客様に支持されるといった一つのバロメーターでもあるし、

仮にデビューが社内独立という見方をするのであれば、

 

【売上げだけじゃない】なんて言ってられないですしね

 

そして、お客様から頂いた支持による売上げを上げることによって、環境や設備、次の展開などを考えれるようになり、

顧客様に喜んでいただくという素晴らしいスパイラルが起こり、サロンが活性化していく。

 

こういう考えを持って、アシスタント時代を過ごしてもらえるといいのかなぁと、ふと思いました。

(アフロートジャパン2014、2015年デビュー予定者へ)

 

 

 

 

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。