NISHIOKABLOGS.西岡卓志のブログ

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

アシスタントの時、嫌だった話。

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • ストレートと巻いたやつ
  • 痛んだ髪は、戻らない?髪のケアは、一日にしてならず。
  • 淡路島の初詣~2016~
  • 最近の出勤状況と、予約状況。
  • 開設しましたー!

    開設しましたー!

  • 友達がお店をオープンさせたみたいなので花を贈ってみたよ

sponsored

 

写真 2015-12-28 19 56 45

昨日は、スタッフと飲みに行きました。

毎月定期的に、アシスタントとコミュニケーションを。なかなかサロンでは話せないことや、朝おはようと挨拶して、夜お疲れ様でしたを交わすまで、まっったく喋らない人もいますからね。 (スタッフ総勢40名いますと。。。)

 

 

まぁ、そういう意味合いと別に単純に
《飯を食わす》みたいなとこも上の務めかなと。
アシスタント時代って東京で独り暮らしするには薄給ですから 、僕のアシスタント時代と比べるとめちゃくちゃ良くなってますけどねw

 

 

そんな感じで僕もアシスタント時代は先輩におごって貰ったり、してたんですけど、

僕はなんか【嫌】だったんですよね。

 

 

何が嫌かというと、そもそもおごってもらうような仕事が出来て無かったと思いますし

どちらかというと、仕事も教えてもらって飯もおごってもらってもらうばっかりといいますか。

なんとなくイーブンじゃなくなる気がしたんですよね。

 

 

ま、嫌っていうか違和感があったというか、おごってもらってからのありがとうございますっていう時にどんな顔してればいいのかみたいなね。
先輩後輩の関係ではもちろんイーブンではないのは当たり前なんですけど、食事にお金を出して貰うということに、抵抗がありました。

(お祝いとかは別なんですけどね。普通に嬉しいです。ありがとうございます!って感じです。)

 

 

先輩のことを同列に見るのは変な話なんですけど、でもいつか越えるべき壁というか、ライバルなのは間違いないんで、

そこに対しての違和感はめちゃありました。

 

 

逆に人におごったりするのって、ねぎらい、感謝と言う意味ですっと出せますし、嫌だったら断ってもらっても僕は気にしないタイプなんで、

 

自分がそういうタイプだったからww
食事とかって人の時間を使って、するんでお互いに有益じゃなければ、わざわざ一緒にご飯食べること自体意味をなさないし、健全じゃないですしね。

 

人に与えてもらうより、誰かに贈ることの方が気持ちが楽なのかも。

 

完全な自分に対する雑記になってますが、残り今年も3日。

全力でいきたいと思います。

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。