AFLOATJAPAN/ROULAND代表西岡卓志

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

二児の父美容師がお答えする、妊娠時期のカラーリングはしていいの??

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • アラサーちゃん

    アラサーちゃん

  • 【ロング】秋冬ロングにオススメカラー
  • 年末の美容室って混むの?
  • 企業の意地

    企業の意地

  • 花粉症対策として

    花粉症対策として

  • 暑いせいでしょうか?

sponsored

気持ちが良いぐらい晴れているので、今日の夕焼けはとてもきれいなのだろうなぁと、思っていますが、寒い日が続き手が若干しもやけ気味なので、手袋をしなくてはいかんなぁと、思案しておますが、いかがお過ごしでしょう?

こんにちは西岡卓志(@nishiocut)です。

写真_Snapseed

最近お客様で妊婦の方が多く、少子化日本にとっては好ましい事であるなぁと感じていますが、カラーリングを妊婦さんがやっていいものか、聞かれることが多いので、二児の父で美容師歴15年の僕がお答えしようと思っていましたが、

 

ためになる記事があったので紹介させていただこうと思います。

 

たかが美容師ごときが、妊婦さんの体調にすべての責任をとる事はできるはずもないので
主治医である担当の産婦人科医の先生に相談されて「ご自身の判断で」ということしか、
僕はいえません。

施術に関しては、ミックでは刺激のない薬剤を使用し、頭皮にも極力つかないよう施術しますが
それでも「絶対に万全ではありません」

今現在、妊娠中でミックでカラーをされているお客様もいらっしゃって
問題なく施術させていただいておりますが、美容師側の観点よりも産婦人科医の方の
助言を参考に考えられた方が、賢明かと思われます。

妊娠中、お産前、お産後は、抜け毛が増えたり、パーマのかかり、カラーの染まり等
通常の時と比べると、明らかに結果が違う場合があります。

ですので、ファッションも大事ですが、そういった事も含めて施術を考えられるといいですね。

参照元福岡市早良区の美容室MIC.HAIR http://ameblo.jp/blue8332/entry-11525904944.html

 

僕も、概ね同じ意見ですが、どうしてもカラーリングをしたい方は以下を参考にしていただけるといいかと思います。

 

 

カラーリングの薬剤にアレルギー反応がある方は基本的にダメ

 

まぁ、これは当然といえば、当然でしょう。

妊娠してからはじめてカラーリングをされる方は避けたほうが賢明だと思います。

どうしてもやってみたい方は、パッチテストと言って48時間少量の薬剤を付け、アレルギー反応があるかチェックするという方法があります。

詳しくはこちらパッチテスト

 

つわりのひどい時期や、ニオイに敏感な時期はNG!!

 

これも言わずもがなですが、人によってダメなものがあると思います。

ご飯のニオイがダメ、整髪料のニオイがダメ、など美容室は様々な薬の匂いがありますので基本的にはニオイが気にならない時期にいらっしゃるほうがいいと思います。

ちなみにうちの奥様は【旦那のニオイ】と【ご飯のニオイ】がダメだったようです( ̄д ̄)

妻の妊娠時はいかに素早くお風呂に入るかということと、食事は外で済ませることが我が家の夫婦円満の秘訣でした。

これを【亭主元気で留守がいい】というのでしょうか?世のお父さんのうんうんが聞こえてきそうな気がしますが気のせいでしょう。

 

じゃぁいつがいいの?

 

って話になると思いますが、手前味噌ですがうちの妻は安定期の時期と臨月に髪をやっていました。

僕の顧客様もほとんどの方がこの時期に来店されています。つわりなどが収まり出かけても平気な時期と出産してからはなかなかサロンには来れないので、ぎりぎりにいらっしゃりたい方が多いからだと思います。

しかし、最初に紹介させていただいた記事にもあるように主治医の方とご相談して頂いて、ご自身の判断でされたほうが良いと思います。

 

ならば妊娠期はどういうカラーリングがいいのか?

 

僕が思うに、基本的に長持ちするカラーリングがいいのではないかなと思います。

IMG_62421

真っ黒よりはダークヘア黒髪っぽくに見えるブラウンのほうが絶対いい理由。 | 銀座の美容師西岡卓志

 

上記の記事にあるような、黒髪に見えるブラウンなどは結構オススメです。暗めのほうが根本が伸びてきても目立ちにくいですしね。

グラデーションカラーやバレイヤージュ

IMG_4002_Snapseed

【髪型】最近カラーはバレイヤージュで染めることが多いよ | 銀座の美容師西岡卓志

 

記事の写真は明るすぎるので、ちょっと暗めに補正しましたがこういう根本暗めで毛先がちょっと明るくなるカラーリングなら根本が伸びても気になりませんし、毛先の明るさはいかようにも調整できます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?結構センシティブなテーマですので、書いたあとにアップしようか迷ったのですが、妊娠時期のお客様に「すごく気分転換になりました!」と言っていただけたり、「やっとカラーが出来て嬉しい!!」という声を聞くたびに、ものすごく迷われている方の一助になればと思い書かせて頂きました。

僕の妻も妊娠時にカラーやパーマをしていましたが特に問題なく2児を授かり、今すくすくと育っています。

基本的にはしなくても我慢できる方は無理にする必要がないとも思いますし、主治医の方と相談していただきあくまでご自身で判断していただければと思います。

参考にして頂ければすごく嬉しいです♬

 

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。

LEAVE A REPLY

*