AFLOATJAPAN/ROULAND代表西岡卓志

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

もっと生意気でもいいんだけどね。いい意味で。

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

sponsored

サロンにいますといろんな場面に出くわすわけですが、

「いやー、こないだはこういう話でまとまったのに、なんで違うことになるのだろう。。」

「絶対こうした方がいいのに、、」
など聞こえてくるのですが、

極力聞こえてないふりをしています。
何故かというと
己で意見として先輩や上司に伝えれば良いのではないか?
と思っているからです。

しかしながら、それを伝えると

「西岡さんは上の立場だから言えるんですよね。僕ら後輩は言えません。」
「。。。」
うん。

だったらその愚痴めいた話はもうやめれば良いと思うし、

【我慢して生きろ】としか申し上げられないなと。
僕個人の考え方ですが会社にコミットするのと、意見を述べるは同じ事だと思っていて、
そうしたほうが【良くなる】と信じているのであれば、相手が先輩(会社)であれ言うべきですよね。
それは先輩を敬うとは別レイヤーであり、

その人物(先輩)は後輩の意見を正面から聞くことの出来ない【矮小で狭量な存在である】いわゆる【器が小せえ】と言っているのとなんら変わりないですからね。

AFLOATは元より、ROULANDにもそんな上司はいないと信じており、仕事ぶりを見て貰えればどんな人物かはわかると思うんですが、

手前味噌ですが自分はアシスタントの頃から今に至るまで【良い方向に向かう】と信じている事に関しては、ミーティングやパブリックの場において必ず意見として申し述べてきています。
それというのは、【上司の器を信じている】からであり、自分より後輩に対しては【現場の意見を述べることは会社を進めること】だと考えているからです。

それによってその人との関係性が壊れるとは思っておらず、

どんな激しい議論になっても終わればケロッと普通に話せるんですよね。
仕事に対しての意見の相違はあって当然で、意見が違うからといって相手の事を嫌いになるようなら社会生活は送れない。
もっと言うなら、自分の意見を述べないのであれば、【あなた】がいる意味は何なのだろうか?

あなたしか感じられない意見や視点を発言することによりさらに組織が強固になるのであれば

言った方が良くなりませんか?
意見を言ってしまったら、人との関係性が壊れるのではなく、

意見を言うことで【関係性が深まる】のではないでしょうか?


立場の上下は関係なく、意見を言う人物は

【どの立場でも言うべきことは言う】

のであり、

言わない人物は

【下に強く上に甘い】

という風に周りから見え、意見を言える立場になったとしても誰にも響かないでしょう。

こういう場面に出くわす機会がありましたので、書かせて頂きました。

 


4月ということもあり、新たに先輩になるスタッフにはこうあって欲しいと思っています。
自分自身もこうありたいと自戒をこめて。

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。