AFLOATJAPAN/ROULAND代表西岡卓志

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

ふんわり外ハネボブの巻き方【動画あり】

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

sponsored

ボブは扱いやすくまとまりやすく、形も崩れにくいので人気のデザインです。

少し雰囲気を変えたくなっても巻き方がわからないというお客様の声も多いので外ハネボブの巻き方を説明させていただきます。

目指す仕上がりはこちら▼

アイロンは32ミリ温度はmaxで巻きます。

アイロンを用意していただきます。

外ハネを巻く時に温度が低いとパサつきの原因になりますので温度をmaxにして頂くのがオススメです。

毛束はアイロンで巻ける範囲に

まとめてとりすぎるとボブは毛先に厚みがあるのでアイロンで待てる範囲の毛量をすくいましょう。

まとめて取りすぎるとアイロンからバーンと髪が逃げてしまいます!

アイロンは毛先の手前ぐらいから

アイロンは毛先の手前ぐらいから滑らせ、毛先で1回転巻き、3秒置いたら離しましょう。

※そうすることで毛先だけ急にはねるということがなくなります

中間にもニュアンスを

ふんわり柔らかさを出すために中間にもカールをつけます。


アイロンの角度は斜めに中間から毛先にかけてゆるくカールをつけます。

サイドも毛先と中間に

前方向に跳ねるさせるようなイメージで斜め前に向かってアイロンを持ち毛先は跳ねるように1回転半巻きます。

毛先はしっかりと巻き込みます。


トップにも


トップにもボリュームが出やすいように根元はアイロンを挟まず手で持ったまま根元に1.5秒ほどアイロンの熱を加えふんわり感が出やすくなるようにします。

前髪も

奥側の根元と


前髪の毛先も巻き込みます。

スタイリング

最後にオーガニックのバームを揉み込みます
今回はN.(エヌドット)を使用


後ろの仕上がり


正面の仕上がり


いつものボブに飽きた方は是非お試しください!

使ったもの

 

▼動画はこちらから

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。