AFLOATJAPAN/ROULAND代表西岡卓志

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

人に愛されたくば、まず人を愛せ。

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • 新しいパーマの検証
  • キッザニアに来たニア
  • 明後日。。

    明後日。。

  • ロングにレイヤー入れてもボリュームでないよ。
  • 見直し。

    見直し。

  • 人に感謝を伝えるということ。

sponsored

美容師としてお客様から支持を受ける人とは何か?という事を考えてみた。

私の場合、お客様のオーダーはほぼお任せの方が多い。

「今日はどんな感じですか?」と伺うと

「前回から二ヶ月経ったから来たの。どうすればいい?」

とおっしゃるので、

「こんな感じでが良いですよ。」と提案すると

「じゃそれでお願いします。」

顧客様と私のやり取りはこんな感じだ。

ひどい人になると、

「髪はどうでも良いんです、今日は仕事の相談を聞いて欲しいんです。」

「あ、わかりましたじゃ髪は、任されますね」

といった感じだ。

信頼していただいているのだとは思うので、ひどいと言うよりは、ありがたいなのだろう。

私の場合はこのようにお客様から支持を受けている。

お客様から支持を受けるとは

その人にとって他には代えのきかない必需品になるということである。

美容師としてお客様に愛するというのはなんだろう?

単純に期待を超え続けるということだと私は考える。

期待を超え続けるには、驚きや、新しい何かを提供することだ。

私はこれを、【美容師としてお客様を愛する】ことだと定義している。

もちろん、転居や転職、様々な理由でいらっしゃれなくなることもあるだろう。

数字の面で伸ばしていくという面で考えれば新規のお客様が増えないと不可能だ。

けれども、お客様にとっての必需品を目指すのは間違っていないはずである。

お客様にとって、新鮮な驚きや喜びを提供できる美容師であり続けたい。

話は変わるが、今日は先日記事にも書いたがAFLOATJAPAN5周年の日だ。

5年という時間

誰に押されたのだろう?

営業が終わる頃に、なんだかでかいダンボールが届いた。

社長宮村から、スタッフに5周年お疲れ様のサプライズ差し入れだ。

▲まい泉のメンチカツバーガー

社長の粋な計らい。

これが人を愛するということなのだろう。

スタッフにサプライズ差し入れ、シンプルに嬉しい。

改めて様々な人に愛される社長の懐の深さを学び、感謝しつつもなんだか負けた感をほんのり胸に抱いた5周年の記念日だった。

社長ありがとうございます。今期もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。