AFLOATJAPAN/ROULAND代表西岡卓志

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

お土産のセンス。

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • 他の新入社員より、信頼される為にやるべきたった一つのこと。
  • 自分なりのセオリーを
  • サロンを経営しながら組織の幹部として〜poolmagazine更新しました
  • 本日ご予約頂いていた皆様へ
  • 再開

    再開

  • クリスマスは東京ドイツ村に行ってきました。

sponsored

夏休みを頂き石垣島へ

まだ沖縄は夏真っ盛りである。

この時期、毎年スタッフは暗黙の了解のように夏休みで行った旅行先や、帰省先でお土産を買ってきてくれる。

気遣いありがたいのだが、若手スタッフはお金もないだろうから、あまり気にせず休みを楽しんで貰いたいから無くてもいいと思っている。

だが、時折お土産のセンスに嫉妬する事もある。

私は絶望的にお土産センスがないのだ。

そんな私が、これはと思うものを見つけた。

星のちんすこうだ。

これはある人物に刺さりまくるお土産だ。と私は踏んだ。

このお土産は彼の為に存在していると行っても過言はない筈だ。

その人物とは。

拝啓ar編集部の皆様へ

今一番気になっているinstagramアカウント

私のブログを読んでいただいている方ならご存知かと思われるが、

AFLOATRUVUAスタイリスト星☆晃介だ。

彼の詳細は上記のリンク2記事に全て詰め込んであるのでご存知ない方は是非ご覧頂きたい。

賢明な皆さんはお気づきだろうか?

何故このお土産が彼に適しているか?

星のちんすこう。

星(コウスケ)のちんすこう。

彼のちんすこうなのだ。

彼以外にこのお土産はあり得ない。

JAPANのスタッフではないが気がついたら購入していた。

スタンダードなものと黒糖入りのものがあったので、黒糖入りのものにした。

理由は記事を見て頂ければわかるのだが、単純に黒いからだ。


▲写真左、宍戸開さんではなく星☆晃介。

黒い、星のちんすこうだ。
これは正に彼の為のお土産である。

そして、そんな黒い星に伝えておきたい事がある。

渡すのが面倒なので、銀座まで取りに来てくれると助かる。

買っては来たが、送ってしまってはこのお土産は意味をなさない。

直接この理由とともに渡したい。

28日以降ならいつでも結構だ。

ちんすこうは日持ちするので銀座に仕事のついでで構わない。

私は電子書籍でなるべく本を買うようにしている私の書斎には壁一面の本棚がある。

なぜ、本棚に本を置くのか?それはその内容を目に付いた時に思い出す為だ。

デジタルには出来ないリアルな物体であるからこその役割だと思う。

お土産もそんな存在だ。
次回の旅でも素敵なお土産に出会う事を祈りつつこの記事の結びにしたい。

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。