AFLOATJAPAN/ROULAND代表西岡卓志

銀座のアフロートと池袋ローランの美容師西岡卓志の個人メディア

三兎ぐらい追えない奴に一兎を得られるわけがない。

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ

sponsored

46633_504776452921340_1592140958_n

ことわざだと追うのは一兎にしとかないと、一兎も得られないぜってことなんですが、

【二兎を追う者は一兎をも得ずの解説】

二羽の兎を同時に捕まえようとする者は、結局は一羽も捕まえられないということからいった西洋のことわざ。
二つの物事を欲ばってどちらも失敗したり、中途半端に終わるものである。
また、一つの物事に集中せずあちらこちらに気を取られることへの戒めの意味を込めて使うことも多い

引用元http://kotowaza-allguide.com/ni/nitowooumono.html

 

スタッフに「これもやったほうがいいよ。」って伝えると

「いやでも、、今これやってるんでもう時間が、、」という答えが返ってくるんです。

 

いやいや三兎ぐらい追えよww

 

いや、ほんとこう思うんですよね。

一つのことに執着してやるっていう時期も必要ではありますが、

仕事ができる人ってマルチタスクな人だと思うんですよね。

隙間時間の中で、できることって今では飛躍的に増えていてスマホがありゃ、色々できるできますからね。

 

 

時間がないという前にやりきっていますか?

 

僕はアフロートジャパンの代表をやりながら、小規模ながらサロンを経営しています。

オンラインサロンジェネクションメンバーとしての運営

オフィシャルHPのオウンドメディア化、lilouの電子書籍化を推し進めています。

もちろん美容師としてのサロンワークも行っています。

プライベートは二児の父

 

別にこれがすごいでしょ?って言いたいわけじゃない。

 

他にも、マルチタスクにものすごい仕事量をこなし、さらに成果につなげる人がたくさんいます。

そういった方々に少しでも追いつけるよう僕自身、

「何ができるのか?」

「どういったことが有益なのか?」

といったことを思考し、それをただ実行していく

そして振り返り、改善を行っていく

四六時中ひとつのことをやっているわけじゃないですし、細切れの時間の中でやっているだけなんです。

同時並行で行うことで、気づきや、他のことにシナジーが起きるので、

ひとつのことをずっとやり続けるより楽しいし、頭が回る気がします。

経験ないですか?

完全なオフの方が、頭に霞がかかったように考えることができなくなること。

 

何かしら休日も仕事のことが片隅にあるくらいが、ちょうどいい気がします。

 

三兎を追うから充実する。

 

やった方がいいと思えることって無限にあってそれができる時間というのは有限なわけで、

時間を有効に使えれば、より成果が生まれ自ずと収入が増え暮らしが満たされ心も豊かになるのだと信じています。

 

自分自身自戒の意味も込めて、三兎を追いながら、しっかり三兎を得られる自分作りを怠らないようにしていきたいと思います。

 

sponsored

About The Author

nishioka
銀座アフロートでは代表。
池袋ローランでは経営者として新しい働き方を提唱、
オンランサロンジェネクションメンバー
女性らしい柔らかいヘアスタイルが得意です。
(特にパーマ)
ヘアやBeauty、普段の活動などとりとめのないことを、心のおもむくままに書いています。